下取りが不利で車買取が有利

下取りが不利で車買取が有利なのは何故?

不要になった車を処分する方法としてあるのが買取りと下取りの二つの方法です。
どちらでも車を処分できるというのは間違いの無いことなのですがこの二つの方法は全く別のものとなっており、特によく言われるのが「買取りの方が良い」ということです。
ではどうしてそう言えるのかというと、一番大きい理由となるのは「買取りの方が下取りよりも利益が大きいから」ということです。
まずそもそも下取りとは何かというと、これは車を引き取ってもらって次の一台の購入代金と相殺してもらう方法です。
ディーラーなどでは特にお勧めされる方法であり、実際新車購入の際には値引きがしづらいため「下取りをしたので値引きします」という名目を立てられるというメリットがあります。
しかし中古車を購入する場合はそもそも値引きがしやすいわけですから、このメリットはあまり大きくなりません。
そこで有利になるのが売却する際に現金をもらえる買取りなのです。
買取りの場合は車を商品として販売するため、それがよほど酷い状態にでもなっていない限り値段が付きます。
そしてこの値段がディーラーで引き取ってもらう際に付けられる価格よりも遥かに高い価格であることが多いのです。
ものによっては十万円近く値段が変わってくることもありますから、それを知らずにディーラーに引き取ってもらうというのは非常にもったいない話なのです。
おおよその業者では査定は無料で行っているのですから、まずは両方の価格を見た上で判断するようにしましょう。

 

車査定 相場