あちこち改造している車も査定について

車の中でもユーザーが手を加えた改造車となると買取の際には少々判断が難しくなります。

 

時折「そもそも査定をしてもらえるのか」という疑問も出てきますが、査定をしてもらえないということはほとんどありません。もちろん既に原形をとどめないほどに改造されていて最低限の走行性能すら維持していないということになると例外になりますが、そうではなく走行することが出来る状態なのであれば査定をしてもらうこと自体は可能です。

 

ただそれで「良い値が付くか」と言われると極めて難しく、特にノーマル状態よりも性能が低くなっている改造車や安全性が確保されていないものになると、買い取ってもらえたとしても二束三文の価格しか付かないことが多いです。

 

というのも一般的な車買取では今後中古車として販売することを見据えた上で価格を付けるからです。ノーマル車であれば当然多くの消費者の目に留まることになりますからよい値段を付けてもらえることも多いのですが、本来あるべき最低限の状態すら維持できていない改造車では商品価値がかなり低い物になってしまいますから良い値段が付かないのです。

 

ただこうした改造車だから買取を諦めるべきなのかと言われるとそうではなく、この場合は改造車を専門的に取り扱う業者に任せるのがベストです。専門業者であれば改造車のノウハウもしっかりありますし、何よりそうした業者には改造しているからという理由で車を選ぶ人が集まります。

 

そうした業者に任せれば改造されていてもしっかり価格を付けてもらえますから、そうした業者に声をかけてみるようにしましょう。

 

車査定相場   HOMEへ戻る