キズや凹みは査定前に直す?

キズや凹みは査定前に直すべきか

これから査定を受けようとしている車にキズや凹みがあるということになると、やはり査定で出される価格は低くなってしまいます。
直すことが出来る程度のものであったとしてもその状態で査定を受けるのならば安くなるわけですから、中には「査定前に車を直すべきかどうか」という悩みを抱えることもあるでしょう。
ただこれについては「自分でできる部分は行うべきで、自分では難しい場合はそのままにする」というのがベストです。
例えばドア周りの小さな擦りキズについてはコンパウンドでしっかり磨いてやればほとんど落とすことが出来ますし、塗装表面についてしまった程度のキズも消すことが出来ます。
流石に塗装が削れるほどのものになるとタッチアップペン程度でのケアしかできませんが、そうした深い状態になっていないのであれば自分で直すことで査定時に買取価格が下がるのを防ぐことが出来るようになるでしょう。
しかし大きな凹みのように修理屋上に任せなくてはならないような場合にはそのまま出した方が良いでしょう。
一応板金修理などに出せば元通りの状態にできますが、板金修理に出すと数万円などの費用がかかることになります。
これから手放す車にそこまでの費用をかけるというのは抵抗を感じる人が多いでしょうし、実際買取業者となると工場を持っていることも多いですから完全に業者任せにした方が最終的にはお得になることが多いのです。
査定前に直すべきなのは自分で対応できる部分だけで、あとはそのままで良いとして考えましょう。

 

車査定相場表より正確で【最高買取額】を無料で知れる!   TOPへ戻る