ローン中の車の買取りは可能?

一般的にローン中の車を買取してもらうことは可能かどうかという事から悩む人も多いとは思いますが、基本的に例えローン中であっても買取の対象になります。但し買取に力を入れているような中古車屋さんなどが基本になりますが、どちらにしても問題はありません。

 

車のローンがディーラーで契約した信販会社か銀行の自動車ローンかによっても基本的なながれは変わらないものの銀行の自動車ローンの場合には契約上に問題があるケースも考えられるので契約内容をきちんと確認したうえで問題がないとわかれば可能という事になります。

 

買取業者はローンの残っている場合でもローンの立て替えを行ってくれて所有権を移転する手続きも行います。これはローンが残っている場合には持ち主はディーラーか信販会社などになっているのですが、このままでは買取る事も販売する事もできないので所有権を移転するために残債を変わってくれるという形で売買を成立させるシステムになっています。もちろんこの手数料や残債額に関しては売却価格から差し引くことになるので金額によっては、差額のお金を支払う事になるケースも考えられますし受け取る形になる事も考えられます。これはどれだけ高く売れるかによって決まるので1社で査定をして売るよりも複数社での査定をもとに売却をした方が高く買い取ってもらえる可能性は高くなると言えます。

 

このような方法で本来ローンが支払えなくなった場合には担保になっている車を返さなくてはいけませんが、買取専門店などでできるだけ高価な価格で買い取ってもらう事ができれば双方にとって良い結果になるとも言えます。

 

 

車査定相場表より正確で【最高買取額】を無料で知れる!