車種が同じなのに査定で差がでる理由

中古車の買取りを専門に行っている業者があり、現在では不用となった自動車でも便利に売ることができます。インターネットを使う方法であれば、簡単に売却先を見つけることができるので、一括査定サイトなどを利用する方法がお得です。しかし、実際に提示される査定額に関しては、同じ車であっても差が生じることがあります。この原因として挙げることができる内容があり、まずは、ボディカラーに影響されることになります。人気のカラーの場合ではホワイト系やブラック系、シルバー系などがメインとされていて、それ以外のボディカラーの場合では査定額が低くなってしまう可能性があります。スポーツカーやミニバンなど一部の車種の場合では、原色系のカラーでも高く売ることが出来る可能性がありますが、イメージカラーとしてメーカーが売り出しているカラー以外は査定額が低めに設定されてしまい、その結果として差が生じることになります。次に装備品を見ることができます。純正品のカーナビゲーションシステムや、各種完全装備、サンルーフや純正のエアロパーツなどが付けられている場合では、査定額が高くなる可能性が高くなり、装備品が充実していない場合では同じ車であっても査定額が低めに設定されてしまいます。このようにオプションパーツは非常に大切な部分になりますが、その他にも走行距離数などが多い中古車の場合で、10万キロメートルを超えているような状態であれば、査定額が大きく下がってしまうことになります。

 

車査定 相場   TOPへ戻る