下取と買取の違い

下取と買取の違いを知る

下取りとは新車や中古車の販売店でこれまで乗ってきた車を引き取りに出すこと。
買取とは、専門店や販売店に車を買い取ってもらう事で、購入とは関係なく買取だけを行う事です。
従って、下取りは買い取りと違い現金を実際にその場で手にする事はありません。次に購入する車の購入額からその分だけ安くなる形となります。その為、通常では値引きできない部分を、下取り額で補てんしてくれるなどのメリットがあります。

 

買い取りは複数の店舗で査定してもらうことで、一番高額な値段が付いた所に売却する事が出来ます。人気装備や車の状態によっても金額査定価格に大きな違いが出てくるのも特徴です。買い取り店の趣向もあるのでお店によっても提示価格に違いが出てきます。中古車市場で人気の車種で有れば実際の価値より高く売却できる可能性もあります。一方で、状態が非常に悪く、売り物にならないレベルで有れば、極端に低い査定額になるデメリットもあります。
値段の付かないものを買い取る事はしませんので非常にシビアになりますが、グレードや年式だけで査定するのではなく、状態や中古市場の販売動向を見て買い取るので、状態が良く売れそうな車は通常より高く引き取ってくれる可能性もあります。
状態がよい車であれば、一括査定のサイトがネットにあるので、実際にどの程度の価格帯で売れるのか試してみるのもお勧めです。最近ではネットを利用した後に執拗な勧誘電話が来る事もありません。安心して気軽に利用出来ます。

 

車査定 相場   TOPへ戻る