必要書類は用意しておく

必要書類は前もって用意しておこう

車を売ることになったら、様々な書類を準備しておく必要があります。自動車検査証は、車内に常に携帯しておくように義務づけられています。紛失してしまった場合には、すぐ運輸支局に行って再発行手続きを行いましょう。
また、毎年5月の末までに納付する自動車税納税証明書も大切な書類の一つです。売却する時には、買取店へ渡さないといけません。万が一、なくした場合には、各都道府県にある税事務所に問い合わせを行い、もし軽自動車の場合には市区役所に行って、再発行手続きを依頼しましょう。
車を購入する時は実印が必要になりますが、売る時にも必要になります。というのは、委任状および譲渡証明書などに捺印する印鑑は、実印になるからです。実印は、市区町村に登録することが必要です。 同時に、印鑑証明書も必要になります。捺印する印鑑が実印であることを証明するための書類です。3カ月以内に発行されたものを準備しましょう。
さらに、自賠責保険証がない場合や、期限切れになっていたりする場合、車を売却することはできません。紛失した際は加入する保険会社へ再発行してもらう必要があります。
これらの他に、車を売る時は、売る車の名義変更手続きを、買取店に一任する委任状が必要です。委任状の用紙は店舗で準備してもらえます。 同様に、譲渡証明書も店舗の方で用意してくれます。
もし、車検証に記載されている住所と、印鑑証明書に記載の住所が異なる時は、住民票が必要です。引っ越ししたら、車検証も住所を変更しておきましょう。車のリサイクル料金について預託している時は、そのことを証明するためのリサイクル券も必要です。

 

車査定 相場   TOPへ戻る